シミを本気で消したいならとことん対策をしよう

セルフケアができるシミとそうでないシミ

紫外線が原因のシミ

顔だけでなく、腕や手の甲に発生するシミは大体紫外線を浴び過ぎたことで発生するシミなので、セルフケアで薄くすることは可能でしょう。ニキビ跡や虫刺されがシミになった状態でも同じく可能です。

セルフケアでは難しいケース

遺伝性の高いそばかすや、いぼ状のシミはセルフケアでの改善は厳しいように感じます。特にいぼ状のシミは、徐々に厚くなる傾向にあるので、間違ったケアでひどくなることもあります。この場合は、美容機関を受診するのが得策でしょう。

シミが発生しやすい部分

日差しが当たりやすい頬は、シミが最も発生しやすい場所です。中でも頬骨の高い部分はできやすいでしょう。化粧品が肌に合わなかったり、色素沈着を起こしりした場合も同様に、頬へシミができることはよくあります。

日焼けを最も多く蓄積するのが額です。シミが見られる箇所は、髪の生え際、眉の上らへんです。部分的にできるのが特徴なのでシミをより早く発見することが可能です。ただ稀に、額全体にシミができることもあるのでこの場合は、気づかず放置されることがあります。

目の周り

目と鼻の間のくぼんだところや眼尻周辺にによく見られますが、人によっては髪の毛の生え際に発生することもあります。女性ホルモンの乱れで表面に出てくる肝斑は、目じりの下に沿って左右対称に現れます。

口周辺

キワの部分にはできにくいですが、口角付近は特にシミができやすい部分です。上唇に発生することもあり、ひげが生えていると勘違いされることもあるでしょう。シミができる仕組みや対策方法がわかれば、次第に薄くなります。

シミは顔だけでなく体にも発生する厄介者です。便秘がシミを作る原因になることもあり得ます。他にも、体に直接触れる衣類や下着も、刺激によってメラニン色素ができてしまい、シミになります。

シミを本気で消したいならとことん対策をしよう

女の人

シミを消すのに有効なもの

美白化粧品でシミを消したり、紫外線カットをしたりなどが一番でしょう。美白化粧品には、メラニン色素の生成を効果的に抑制することが可能で、すでにできてしまったものに関しても還元する働きがあります。今すぐ消えるということはありませんが、アルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体ならシミ対策はバッチリだといえます。

日焼け止めは一年中必要

シミをできるだけ作らせないためには、日焼け止めを日常的につけることです。というもの、紫外線は夏だけではなく春夏秋冬、天候関係なく降り注ぎます。シミを絶対に作らせないためには、日焼け止めを縫って年中対策をする必要があるでしょう。日常生活で使うならSPF10から20のもの、炎天下にいる場合はそれより上の35~50がおすすめです。使うシーンによって分ければ上手に対策できますよ。

内側から効かせることも重要

化粧品を使って対策もいいですが、内側から効かせることでより早くシミを消すことができます。鶏肉や豚肉に多くふくまれるビタミン類や、抗酸化作用に優れているエビカニは、シミを薄くするのに最適な食材です。治りを早くするためにマグロ、ホウレンソウを摂取するとより美肌へ近づきますよ。シミを消す化粧品をただ使うだけでは目立った効果が得られない可能性もあるので、食事の内容を変えるという部分にも着目しましょう。もし難しいなら、美容成分がたっぷり含まれているサプリを服用すれば気軽に摂取できます。口コミで話題のものなら効き目もいいでしょう。

美容機関で消すことを検討しよう

セルフケアで改善が難しい、早くシミを消したい場合は美容機関で受けられるレーザー治療がいいでしょう。ダウンタイムがあるものの、治療終了後にはシミが後片もなく消えているのに驚きと感動を覚えるはずです。個人差もありますが、治療が完全に終わるのに数か月かかるのでスケジュールに余裕を持たせないといけません。

広告募集中